量子アニーリング ナレッジベース へようこそ

1998年に門脇、西森により開発された 量子アニーリング は、組合せ最適化問題に対する汎用的解法やサンプリング困難な系に対するサンプラーとして、研究が進められてきました。そして、2010年代になりカナダのD-Wave Systems社による物理実装が商用化されて以降、更なる脚光を浴びています。

当サイトは

D-Waveマシンがどのように応用されているのか?
今、自分が抱えている問題に対して、D-Waveマシンは適用可能だろうか?
実装サンプルコードなどはないだろうか?
D-Waveマシン以外の新しい量子アニーリング技術はないだろうか?

こういった多くの具体的な問いやニーズに答えるべく開設されました。

メインコンテンツは公開されている応用成果の整理と先行研究論文の要約紹介、関連事項に関する解説記事です。D-Waveマシン利用動向の検討から新たなアプリケーションの種が生まれることを期待しています。

運営には、東北大学量子アニーリング研究開発センター T-QARDスタッフに加え、学生アルバイトが携わっています。量子アニーリング技術の新たな可能性を模索する協力者を募集しています!

お問い合わせ:東北大学量子アニーリング研究開発室(代表) start _at_ smapip.is.tohoku.ac.jp